企業のセキュリティ強化は必須です!

グループウェアにおいてセキュリティを設定するときパスワードを使います。適正に管理する必要があります。

企業のセキュリティ強化は必須です!

グループウェアにおけるセキュリティではパスワードの適正管理

携帯電話などを利用するとき、誰かに使われないように設定することが出来ると言うことがあります。こちらについては、ある数字をつけることで対応するのですが、最初はディフォルトの設定がされています。この値は、電話会社によって違うようです。ですが、どちらにおいても容易に想像することが出来る数字になります。いくら、使われないように設定をしても、ディフォルト値のままであれば、簡単に設定が解かれてしまうことになります。

会社において、グループウェアで仕事をするということがあります。このときには、それぞれがネットワークに接続して行うということです。離れた場所同士においても、仕事をすることができると言うことになります。このとき、誰もがネットワークに入ることができるのであれば困ることになります。社内における部外者と言うことも困りますが、パソコンを紛失したりして、社外の人に渡るとなると余計に問題になります。情報の流出にもつながってしまいます。

そこでセキュリティとして、パスワードによる管理を行うことになります。ログインをするときに、パスワードを入力して入るということです。このとき、最初のパスワードに関しては、管理者から渡されることになります。社員番号など容易に想像できる番号と言うことがあります。すると、他人でも簡単にログインできてしまいます。個人において、適正に管理する必要があります。管理者から渡されたままではなく、変更して使うようにします。