企業のセキュリティ強化は必須です!

会社の書類もセキュリティを強化したグループウェアを通じてスマートフォンで確認したり、発信できたりしています

企業のセキュリティ強化は必須です!

会社の書類もセキュリティを強化したグループウェアを通じて見る

スマートフォンなどの新しいデバイスの登場でいろんなものに変化が発生してきています。最近、雑誌などの有料の情報を紙で購入するかアプリで読める電子版にするべきか考えています。少し前までは電子書籍という言葉はありましたが、全然普及していなくて、紙で購入するか電子書籍にするべきかなんて悩みは起こらなかったはずです。スマートフォンや電子書籍のリーダーは通勤の電車の中で読むときに、つり革を持ちながら、片手で見る事ができる点が便利でいいですよね。本も重なるとどんどん重くなるので、読み終わった本がたまっていくのは少し気になります。それに本だと、本屋にちゃんと通っていないと購入しそびれたり遅れたりがあるのが痛いです。電子書籍にはバックナンバーも含めて買いそびれが発生しにくい利点がありますよね。そういう感じで、わたしたちの日常の生活の中で、いろんなものに変化が発生してきているのです。会社の書類も例外ではなくグループウェアを通じてスマートフォンで確認したり、発信できたりしています。この場合セキュリティが心配ですが、今はもう社内だけのLANで済まずにWAN側まで活用してのITなので踏み込むことが必要です。

そのためにもセキュリティの強化は必要ですね。将来は紙の資料がいっぱい詰まった重いカバンを持つこともなく、いつでもスマートフォンやタブレットで会社の書類を見れる環境になっていきそうです。そうなると書類がなくなったとか、かばんの中でぐちゃぐちゃになったりするリスクも避けられます。読み終わった後いらなくなった資料がゴミとなるのもいやですよね。電子書籍ならゴミという物理的なものにならないのでとてもエコロジーです。社内文章でもちゃんと目次とか作って電子書籍のフォーマットに準じたファイルにしておけば、文字検索や目次検索など電子版の機能も便利に思えるかもしれません。資料を探すときに紙よりも便利になることでしょう。